投薬

AGA治療の投薬による治療方法と改善までに必要な期間

薄毛のパターン イラスト

AGA治療には「投薬」と「投薬以外」の方法があることはお伝えしましたが、抜群の効果を期待するのであればクリニックで処方される医療品を使った投薬治療を行うのがベストです。

ここでは、投薬による治療について詳しくご説明します。

「プロペシア」と「ミノキシジル」という2つの薬を使用

飲み薬である「プロペシア」と塗り薬である「ミノキシジル」という薬を併用して治療するのが一般的な投薬治療になります。

この2つの薬は臨床実験においてその効果が認められている薬で、ほぼ100%の人が薄毛の改善・進行の阻止を実感できます。公式の治療薬であるからこれだけの効果が出ているのであり、AGA治療において効果のみを重視して治療法を選ぶのであれば間違いなく投薬が最も効果があると言えるでしょう。

しかし、効果が高い分副作用のリスクもあります。肝機能障害や性欲減退の副作用の可能性があるので、そのリスクについて理解した上での治療が必要になります。

長期間の服用が高い効果を得る条件

投薬治療をする上で、大切なことが「長期間治療を継続すること」です。プロペシアもミノキシジルも服用をやめると薄毛が進行してしまう薬です。

継続して投薬し続けるからこそ意味があるのであり、半年や1年で治療をやめると効果は少なくなってしまいます。しかし、AGA治療は保険がきかない治療になるので医療費が非常に高額になります。

月1~3万が相場と言われ、これを何年も継続して払うとなるとその費用は膨大になります。さらに交通費や検査代等も追加でかかってきますので、費用の捻出が可能かどうか治療を始める前に確認しておかないと途中でギブアップしてしまうとせっかく薄毛が改善してきていても元に戻ってしまうかもしれません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. AGA治療のビフォーアフターのイメージ イラスト
  2. 薄毛のパターン イラスト
PAGE TOP