AGA治療の方法とそのメリット・デメリット

投薬のメリットデメリット

投薬治療で使われる薬は主に「プロペシア」という飲み薬と「ミノキシジル」という塗り薬の2つです。クリニックで処方される公式の治療薬でその効果は臨床実験により非常に高いことが証明されています。

何も効果が得られなかったという人は数パーセントしかいませんので実質ほぼ100%の人が投薬で効果を感じることができるわけです。

メリットはやはりこの効果の高さでしょう。効果だけで言えば投薬に勝るものはないです。しかし、一方で副作用というデメリットについて理解しておく必要があります。

これらの治療薬は効果は高いのですが、肝機能障害や性欲減退を引き起こす可能性が否めません。効果が高いということは体への影響が大きいということ。医師との相談の上、許可をもらいリスクを理解した上で投薬治療に入らなければなりません。

少なくなった髪の毛をつまみ上げる

植毛・育毛剤のメリット・デメリット

副作用のリスクが怖いという人は投薬以外の方法をとる必要があります。それが「植毛」「育毛剤」です。育毛剤は薄毛が気になり始めた初期の段階で多くの人が自然と取っている対処法で、ドラッグストアなので育毛剤を購入して塗るなどの行為がそれに当たります。

劇的な効果は期待できませんが、毎日継続して続けることで一定の効果を得られる人も多くいます。植毛は自分の髪を使って行うので拒否反応などが出る心配がなく、成功して定着すればメンテナンスが必要なくなるくらいの効果が期待できます。

しかし、投薬ほどの高い効果の保証はないので、やってみたけど効果がなかったということもあり得る手段です。また、保険適用外の治療なので費用が30~100万円以上と植毛の量にもよりますが高額になることもデメリットの一つです。

AGA治療は長い目で考えることが大切

それぞれの治療法のメリットデメリットを紹介しましたが、結局何を基準に決めるかです。一番大切にしなければならないのは「長く続けられる治療かどうか」です。

文献★aga 評判 http://hsclinic.jp/

AGA治療において短期集中という言葉はありません。長期間治療を継続することでやっと効果が期待できるもので、1年以内に治療を終えてAGAの悩みを完全に解決するということはできないと思ってください。

その点で投薬は費用の面で難しいということであればおすすめできませんし、育毛剤は塗るのを忘れてしまいそうということであればやはりおすすめできません。

自分が「長く続けられる治療」でないと意味がないからです。そこに重点を置いて決めるようにしましょう。

カテゴリー

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 薄毛のパターン イラスト
PAGE TOP